毎日色々あるけれど、とりあえず好きなことしてみよう。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


別府生まれなら、
必ず一度は親に連れられて行った事のあるケーブルラクテンチ。

一度は閉園の危機を迎えましたが、
大阪の遊具制作会社さんが後をうけて
再始動しました。
温泉あり、小動物あり、
結構楽しめます。

忘れてはならないのが、
「アヒルの競走」。

独特な口調で
おじさんが、アヒルたちに言います。
「顔をよーく見てもらえ」
つまり、どの子が一番早いかを品定めするための儀式です。
参加料を支払い、
1番を取れば
様々な商品を受け取れます。

急傾斜の上部に遊園地がありますから
駐車場からはケーブルカーに乗って上がります。
このケーブルカーの歴史は古いようで、
一部のファンに熱烈に愛されているようです。
地元の足としても利用されており、
定期券もあるようです。


スポンサーサイト

【2010/10/29 12:27】 | 未分類
トラックバック(0) |


もぐら
あの高台にあった遊園地ですね。ホテルから見えていまして子供たちは「行って見たい!」と言っていました。
北海道もそうですが大分も最低1週間の滞在が必要ですね。(笑)


abrazo
のんびり、まったりした遊園地です。
絶叫マシンなどはないのですが、
味わいある場所だと思います。

当日のお仕事内容は…
(この時期に)バーベキューできる場所がオープンすることになり、
そのお披露目会でした。
一人1800円(だっけ?)で
食材+薪がいただけます。
火起こし→調理→片付けをすることで、
キャンプ風味の体験ができるという施設でした。

お昼からお肉を頂きまして、
大分方言ではこれを
「口がはるる」(腫れる)といいます。
(贅沢なものを食べると罰が当るの意)
といっても、他の仕事が後に入っていたので、
3口で退場となりましたが…。

それにしても絶景でした。
別府市内(鉄輪地区)から大分市まで眺められます。
珍しい緑色の花が咲くというさくらもありました。

また、チャンスがあれば
どうぞいらしてみてください。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。