毎日色々あるけれど、とりあえず好きなことしてみよう。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ数日続く夏日の中、大荷物を下げ
延々と歩いている男の子を見つけました。
なんとなく、そのまま通り過ぎてしまうのが忍びなく、
車を止め、声をかけました。

ヒッチハイクの男の子を、拾ってしまったのだー。

私がちょうどこれから行く方向であったことと、

彼の希望した「送り届け先」が
私の取るべきルートから一切外れなかった事が決め手となり、
乗せてあげることにしました。
旅にでかけた理由とか、
旅の中でであった人たちの話とか、
色々と話して聞かせてくれました。

18でとんとんと流れに乗ってしまい、
CDを出してもらったり、お芝居で役をもらったりと
25になるまで、そんな世界で暮らしてきたそうです。

仕事を始めた頃は、本当に自分は遊んでいなかった。
周りの友達は、遊んで遊んで、遊んでいた。
自分の周りは、仕事でつながっている大人ばかり。
勉強も沢山させてもらったけれど、
観客の側の人たちと、できればもっと接触したい。
そう思って、既に決まっていた仕事も断り、
ヒッチハイクの旅を始めたそうなのです。

別れ際に、一枚のチラシをくれました。
それには、マメな性格を現すように
自己紹介と、自分のHPなど
名刺代わりの内容が書かれていました。

彼から教わった、彼のHPはここ。
ブログはここ

過去の仕事一覧を見ると、
テレビを見ない私でも「知ってる」番組名が連なっています。

野宿の時に読み返して勇気を出すんだという寄せ書きノートも3冊目だそうです。
是非に書いて欲しいといわれました。
何を書いていいのかもわかりませんでしたが、
がんばってねー、とだけ書かせて頂きました。
記念撮影も必須だそうで、二人で彼のカメラに収まりました。

若いときに、色々な人、いろいろな場所に飛び込んでいける環境があるのなら
チャレンジしてみるのって、ステキなことです。
私も、性別が男性で、年齢があと20歳若ければ、
チャレンジしてみたかったヒッチハイク旅行。

いいなぁ。

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
旅にでかけた理由とか、
旅の中でであった人たちの話とか、
色々と話して聞かせてくれました。

18でとんとんと流れに乗ってしまい、
CDを出してもらったり、お芝居で役をもらったりと
25になるまで、そんな世界で暮らしてきたそうです。

仕事を始めた頃は、本当に自分は遊んでいなかった。
周りの友達は、遊んで遊んで、遊んでいた。
自分の周りは、仕事でつながっている大人ばかり。
勉強も沢山させてもらったけれど、
観客の側の人たちと、できればもっと接触したい。
そう思って、既に決まっていた仕事も断り、
ヒッチハイクの旅を始めたそうなのです。

別れ際に、一枚のチラシをくれました。
それには、マメな性格を現すように
自己紹介と、自分のHPなど
名刺代わりの内容が書かれていました。

彼から教わった、彼のHPはここ。
ブログはここ

過去の仕事一覧を見ると、
テレビを見ない私でも「知ってる」番組名が連なっています。

野宿の時に読み返して勇気を出すんだという寄せ書きノートも3冊目だそうです。
是非に書いて欲しいといわれました。
何を書いていいのかもわかりませんでしたが、
がんばってねー、とだけ書かせて頂きました。
記念撮影も必須だそうで、二人で彼のカメラに収まりました。

若いときに、色々な人、いろいろな場所に飛び込んでいける環境があるのなら
チャレンジしてみるのって、ステキなことです。
私も、性別が男性で、年齢があと20歳若ければ、
チャレンジしてみたかったヒッチハイク旅行。

いいなぁ。

スポンサーサイト

【2009/05/10 00:11】 | おおっ!
トラックバック(0) |


sewa
すばらしいですね。
と言うか、このような若者が今でもいるんですね。


abrazo
★sewaさま

ホントに。
彼の話を聞いていて、えらいなぁと感心させられるところがたくさんありました。
彼のブログでも、出会った人々への感謝があちこちにちりばめられてあり、
これにもびっくりです。


もぐら
イケメンでしたか?(笑)

私も17の時に野宿の旅(四国)を数日しましたが、知らない人に声をかけられあたたかい応援をしてもらったことは忘れられません。

今みたいに感謝の気持ちをブログにつづることはできませんでしたが、その場で思いっきり「ありがとう」と言って別れる。なごり惜しい気持ちでいっぱいでした。


abrazo
いいですね、
若いときに、見知らぬ人の親切に触れると、
多分ずっと忘れずにいるんでしょうね。
いい経験されましたね。

私は、女であるからと
工業高校受験を両親に反対され、
泣く泣く諦めた経験があり、
ヒッチハイクや野宿は
当然、許されない事だったろうと思います。
でも、一度はしてみたかった…。

彼は、イケメン、だったと、思います…。
車線変更の時と、お別れの時だけ、ご尊顔を拝見しましたので…。

そもそも、イケメンが苦手ですので、
ど凡さんも苦手な部類かも???汗。
それと、イケメンと名をはせておられるderaさんも、
恐らく苦手な部類に入るのかも…です。汗。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
すばらしいですね。
と言うか、このような若者が今でもいるんですね。
2009/05/10(Sun) 21:41 | URL  | sewa #JalddpaA[ 編集]
★sewaさま

ホントに。
彼の話を聞いていて、えらいなぁと感心させられるところがたくさんありました。
彼のブログでも、出会った人々への感謝があちこちにちりばめられてあり、
これにもびっくりです。
2009/05/12(Tue) 03:51 | URL  | abrazo #cWcd8Id2[ 編集]
イケメンでしたか?(笑)

私も17の時に野宿の旅(四国)を数日しましたが、知らない人に声をかけられあたたかい応援をしてもらったことは忘れられません。

今みたいに感謝の気持ちをブログにつづることはできませんでしたが、その場で思いっきり「ありがとう」と言って別れる。なごり惜しい気持ちでいっぱいでした。
2009/05/12(Tue) 17:06 | URL  | もぐら #-[ 編集]
いいですね、
若いときに、見知らぬ人の親切に触れると、
多分ずっと忘れずにいるんでしょうね。
いい経験されましたね。

私は、女であるからと
工業高校受験を両親に反対され、
泣く泣く諦めた経験があり、
ヒッチハイクや野宿は
当然、許されない事だったろうと思います。
でも、一度はしてみたかった…。

彼は、イケメン、だったと、思います…。
車線変更の時と、お別れの時だけ、ご尊顔を拝見しましたので…。

そもそも、イケメンが苦手ですので、
ど凡さんも苦手な部類かも???汗。
それと、イケメンと名をはせておられるderaさんも、
恐らく苦手な部類に入るのかも…です。汗。
2009/05/13(Wed) 22:46 | URL  | abrazo #cWcd8Id2[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。